このページの本文へ

ここから本文

リサイクルのご案内

当社処理プロセス

モノからモノを生み出す未来へ

ハイパーサイクルシステムズの処理プロセスは、
家電製品やOA機器などに含まれる有用な資源を効率的に取り出し、純度の高い素材として甦らせることが大きな特徴です。
また、断熱材フロンなども適切な回収を実施しています。

リサイクル素材へと生まれ変わるまでの旅

手解体工程

様々な部品から出来上がっている電気製品から素材価値の高い部品や、環境に影響のある物質を含む部品や素材を中心に分解・回収を行います。

  • エアコンライン
  • 冷蔵庫ライン
  • 洗濯機ライン
  • OA機器ライン

破砕機工程

手解体で残った部品は、破砕機に投入します。細かく砕き、金属や樹脂などの素材ごとに分離して、選別しやすい大きさにします。

共通破砕機

エアコン・洗濯機・OA機器、その他家電製品の破砕を行います。

冷蔵庫破砕機

冷蔵庫のみを破砕し、断熱材フロンやウレタンを回収します。

保有している全11基の破砕機を、粉砕する部品や出荷形状などに合わせて使用し、純度の高い素材の回収を実現しています。

選別工程

破砕機により砕いた破砕物を、鉄・非鉄金属・混合プラスチック・ダストなど、素材ごとに選別・回収します。

風力選別機

風力により、破砕物から素材化の難しいダストなどの軽量物を取り除き、金属などの品質を向上させます。

回収物ダスト

磁力選別機

強力な磁石により鉄を選別し、回収します。

この設備についてもっと知る

回収物

分級装置

残った破砕物から金属を効率よく選別するため、大中小の3種類の大きさに揃えます。

非鉄選別

渦電流選別機により、銅やアルミニウムなどの非鉄金属を回収します。

この設備についてもっと知る

回収物銅、アルミニウム

混合プラスチックの選別

回収した混合プラスチックをふるいにかけ、大きさを均一化した後に金属類を徹底的に除去し、純度の高い混合プラスチックとして回収します。

ふるい装置

混合プラスチックから異物を取りやすくするために、粒の大きさをそろえます。

比重選別機

異物が残っている混合プラスチックの中から、金属片を取り除き、純度の高い混合プラスチックとして回収します。

この設備についてもっと知る

回収物混合プラスチック

フロン回収工程

エアコンや冷蔵庫に使用される「冷媒フロン」「断熱材フロン」を適切に回収します。

冷媒フロンの回収

圧縮・液化し、ボンベに回収します。
回収後、24時間体制で漏洩管理を実施しています。
回収されたフロンは、蒸溜再生されるか、フッ素樹脂として再生されるか、または無害化されます。

出荷荷姿ボンベ

断熱材フロンの回収

活性炭吸着方式により液体として回収を行い、冷却保管庫で温度管理を実施しています。
回収されたフロンは無害化されます。
なお、ウレタンは圧縮・固形化し、燃料として利用されます。

出荷荷姿ドラム

テレビリサイクル工程

ガラス製の部品が多く、機械による選別が困難なことから、全て手解体で分別・回収を行います。

薄型テレビの解体

手分解により基板や蛍光管などの部品に分別します。
分別した基板は製錬会社に出荷され、貴金属など資源化されます。

ブラウン管テレビの解体

ブラウン管ガラスは、パネルガラスと鉛を含むファンネルガラスに分割割・回収し、再利用されます。